総合旅行業務取扱管理者試験 旅行業法の勉強法

2018年には旅行業法の下記項目が改正されました。

地域限定旅行業の営業保証金や旅行の範囲、事業所に置く旅行業務取扱管理者について専用の資格制度。また、旅行サービス手配業者について。罰則の強化。民泊新法関連。

昨年度も数問出題されましたが、今後も出題が予想されますので、しっかりと押さえておきましょう。

 

出題されるテーマはほぼ決まっているのですが、多肢選択(正しいものや該当するものをすべて選べ)の問題が、25問中10問程度あります。曖昧な記憶では、まず正解は無理です。正確に覚えましょう
暗記必須項目をまとめました!

旅行業法の目的と手段。似たような語句でのひっかけに注意しましょう。

旅行業の定義。旅行業の登録を要するものとそれ以外。旅行業に該当しないものを覚えるといいでしょう。勉強

旅行業の登録業務範囲・登録の申請先・登録の拒否事由

変更登録と登録事項変更の違いをチェックしましょう。

基準資産額・登録の有効期間や更新登録をする期限、登録事項変更を届出する期限。

営業保証金制度。保証金の額や届け出の期限。

旅行業務取扱管理者の選任基準とその職務内容について。旅行業務取扱管理者証と外務員証の違い。

旅行業務取扱料金・旅行業約款・標識について各々認可の有無や掲示方法。

旅行業約款の軽微な変更も確認しておきましょう。

取引条件の説明と書面の交付、契約書面の交付について、書面交付不要な条件、書面に記載する事項が不要の項目。(企画旅行契約・それ以外の旅行契約・旅行相談契約で異なる)

外務員の証明形態や権限

広告の表示事項と誇大表示をしてはいけない事項

旅程管理では、企画旅行を円滑にするための措置と旅程管理主任者の資格要件

受託契約について委託旅行業者と受託旅行業者及び受託旅行業者代理業者の関係を理解しておく

・禁止行為は常識の範囲なのですぐ覚えれます。業務改善命令と登録の取り消しと罰側についてとその期間

旅行業協会の業務、そのうち旅行業協会の社員だけを対象としているもの、また苦情の解決の詳細について。

弁済業務保証金制度、営業保証金制度と比較して違いをチェックしましょう。